投稿

実行委員のおすすめ:ボンクラージュ (Bon Courage)

イメージ
数多くのワインを取り揃え、岩手食材も味わうことが出来るフレンチビストロ。 ワインはグラスでも気軽に楽しめ、一人でフラッと立ち寄れます。お店自慢のシャルキュトリーも絶品です。 住所:岩手県盛岡市菜園1丁目11-7 電話:019-681-3434 営業時間/11:30~14:00、18:00~23:00 定休日/水曜日 HP : https://boncourage-morioka.com Instagram : https://www.instagram.com/boncouragemoriokasaien? 絶大な人気のシャルキュトリー お店の外観も素敵です!

銀座で出会える岩手:いわて銀河プラザ

イメージ
岩手県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」は、地下鉄東銀座駅の目の前 、歌舞伎座の向かいにあります。また、国立がん研究センター中央病院からは徒歩5分です。 店内には、岩手の美味しいもの、素敵なものが沢山! 小岩井農場のソフトクリームが東京で食べられるのも、嬉しいポイントです。 豊富な品揃えの一部ではありますが、許可をいただいて撮影した写真をアップしますので、ご覧ください♪ 右に歌舞伎座、奥に銀座4丁目交差点 ウインドウには、岩手出身の大谷選手! 素敵なレジ台は、岩谷堂ダンスです 日替わりのパンコーナー テレビでも紹介された瓶ドン 岩手土産の定番、三陸海宝漬 トロイカのチーズケーキ 大谷選手お気に入りの岩泉ヨーグルト 地ビール 日本酒も多数! 南部鉄瓶 山葡萄の籠バッグ いわて銀河プラザのHPもぜひご覧ください! https://www.iwate-ginpla.net/

東北新幹線(一ノ関〜盛岡)の発車メロディー

イメージ
 2024年、最初の投稿となります。このたびの能登半島地震において被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。 盛岡にお越しの際に東北新幹線を利用されるみなさま、ぜひ発車メロディーを聴いてみてください。一ノ関〜盛岡間の各駅の発車メロディーは、下記です。 盛岡駅 :「ダイジョウブ」作詞・作曲 小田和正 新花巻駅 :「星めぐりの歌」作詞・作曲 宮沢賢治 北上駅 :「See You Again」「風と共に〜V2」 水沢江刺駅 :「君は天然色」作詞・作曲 大滝詠一 一ノ関駅 :「夕暮れ時はさびしそう」作詞・作曲 N.S.P *写真は、盛岡駅に掲示されているポスターです。 (JR東日本ニュースの記事:https://www.jreast.co.jp/press/2021/morioka/20210916_mr02.pdf)

実行委員のおすすめ:トレジオンルリエ

イメージ
  盛岡駅から歩いて行かれる「東北の街角フレンチ」、TREGION RELIER。 窓越しに北上川沿いに広がる木伏(きっぷし)も見えて、姉妹店がそちらにもあります。 クラフトビールも楽しめます。 東北ブラッスリー トレジオンルリエ ダイワロイネットホテル盛岡駅前店 住所 〒020-0034 岩手県盛岡市盛岡駅前通7-15 ダイワロイネット盛岡駅前2F 電話 019-658-9445 営業時間  MORNING 6:30~10:00(最終入店9:30) LUNCH 11:00~15:00(最終入店14:00) DINNER 17:00~23:00(フードLO.22:00、ドリンクLO.22:30) https://tregion-bal.com/relier/

盛岡三大麺

イメージ
 盛岡は、麺どころ。特に三大麺といわれる「わんこそば」「盛岡冷麺」「盛岡じゃじゃ麺」が有名です。 「わんこそば」は、伝統的なおもてなしとして、小分けにしたそばを椀コ(コをつけるのは岩手の方言)に盛り付けて、色々な薬味と食べるというものです。杯数を競いがちですが、麺も薬味もとても美味しいので、ゆっくり味わって食べるのもおすすめです。 「盛岡冷麺」は、「食道園」創始者の 青木輝人氏が、朝鮮半島に伝わる咸興冷麺と平壌冷麺をもとに創作したのが始まりです。つるりとした食感の麺と、さっぱりしていながらコクのあるスープが特徴です。 「盛岡じゃじゃ麺」は、「白龍」の 高階貫勝氏が、 中国東北部の麺をもとに創作し、屋台から始めた麺です。きしめんのような麺と独特の肉味噌、きゅうりとネギのトッピングで供され、自分なりに酢やラー油、ニンニクで味付けして食します。 三つとも、必ずまた食べたくなる美味しさで、盛岡のソウル・フードとして愛され続けています。 モリオカ三大麺のウエブサイトで、お店をチェックしてみてくださいね。 http://moriokasandaimen.com/ 写真は、わんこそばを食べる当番世話人・加藤先生です^_^

実行委員のおすすめ:エピスリー・シトロン

イメージ
お店に入ると,青いタイルの壁に目が奪われ、焼き菓子の香りに包まれます。2週間毎にメニューが変わる「十三日定食」はボリューム満点で、野菜も美味しく食べられます。人気のアップルパイやシフォンケーキはテイクアウトも可能です。 Epicerie Citron (エピスリーシトロン) 住所:岩手県盛岡市肴町10番10号 (盛岡バスセンターから徒歩10分程度) 電話:019-613-8183 営業時間/11:00~18:30, 日曜日のみ~17:00 定休日/月曜日 Instagram : https://www.instagram.com/epicerie_citron/ Facebook : https://www.facebook.com/EpicerieCitron/ 

POPEYEとBRUTUS:盛岡の記事

雑誌「POPEYE』と「BRUTUS」に、盛岡の素敵なお店が紹介されています。 盛岡は、コーヒー屋さん、喫茶店の多い街。POPEYEに、その一部が紹介されています。BRUTUSには、独特の世界観がInstagramでも人気の本屋さんBOOKNERDや、その店主が紹介する"音を楽しむ店"が掲載されています。 盛岡は、美味しいコーヒーが飲めるお店が本当に多いので、またご紹介させていただきます! POPEYE:編集者・岡本仁の旅先コーヒー案内。【盛岡編】 https://popeyemagazine.jp/post-60789/ BRUTUS: 通いたい盛岡 https://brutus.jp/daily-b/20220121-082/